最愛の息子よ!ママの声聞こえる?

2011年6月に癌から来る鬱病で母を自死で亡くし、
2016年9月にあと19日で23歳になる長男を統合失調症による自死で突然亡くしました。
絶望の中で何とか這い上がろうとしています。
毎日少しずつでも前に進めたら・・・。
私自身、約7年間鬱病を患っています。

申し訳ありませんが、コメントは自死遺族の方、或いは関係者の方、
又は自死遺族の事をちゃんとご理解して下さる方のみでお願い致します。

遺書もありました。

息子を病院から家に連れ帰り、リビングで寝ている時に(ずっと寝ていますが)
血だらけになって脱がされた服を洗いました。
そしたら飛び降りた時に破れたズボンのポケットの中に紙が入っていました。
遺書でした。



オレは鬱病になり
普段の生活もままならなくなりました。
言われたことはすぐに忘れてしまうぐらいです。
でも家族のせいでは絶対にありません。
どうか、自分達を責めないでください。
今まで本当にありがとう。



たったこれだけの短い遺書でした。
鬱病になったいきさつとかは書いてありませんでした。
多分カバンに入っていた紙に書きなぐったのでしょう。
家にあった使用済みの紙の裏に鉛筆で書いてありました。
昨日書いたメモ書きの方が、息子の苦しみがよく伝わります。


自分達を責めないでと言われても
特に私はどうしたって責めちゃうよ!
私が鬱病だから、言えなかったんじゃないの?
大学の後期が始まる1週間前まで私には何も変化が感じられなかった。
パパもそうです。
だから誰も気付いてあげられなかった。


私はずっとずっと自分を責めています。
でも男と女って温度差がありますね。
四十九日法要の時、私は最初から最後までずっと泣いていました。
でもパパ、次男、三男は涙1滴もありませんでした。
それが逆にショックでした。


大切な、大切な1番頼りにしていた長男が亡くなったんだよ!!
私が産んだ、私の分身が亡くなったんだよ!!
男は出産ができないから、私ほどの気持ちになれないって事なの?
最初の子だし、5歳前に高機能自閉症がわかり、
どれだけ将来の事を心配して、大切に育てて来た事か・・・。


男は結果主義ですね。
確かに亡くなった者は元には戻らない。
だから泣いても仕方がないって事なんでしょうね。
こんなだから、この家で生きている私は鬱病が治らないんでしょうね。


実はうちは檀家ではありませんので、葬儀の度にお寺を紹介してもらっています。
そして今回の僧侶は葬儀の時も四十九日法要の時も
悲しんでる私を更に落とし込む様な事を言われ
もうこの宗教に付いて行くのは無理だと思いました。
その事は又次回以降にでも記したいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。