最愛の息子よ!ママの声聞こえる?

2011年6月に癌から来る鬱病で母を自死で亡くし、
2016年9月にあと19日で23歳になる長男を統合失調症による自死で突然亡くしました。
絶望の中で何とか這い上がろうとしています。
毎日少しずつでも前に進めたら・・・。
私自身、約7年間鬱病を患っています。

申し訳ありませんが、コメントは自死遺族の方、或いは関係者の方、
又は自死遺族の事をちゃんとご理解して下さる方のみでお願い致します。

夜中に病院から連れ帰ってわかった事

救急に駆け付けた時から、既に冷たくなっていた長男。
検死に時間が掛かり、待つこと数時間以上。
やっと病院を出られたのは午前2時半頃。
既に葬儀屋さんにお迎えの連絡をしてあったので、
きっちり正確に迎えに来て下さった。
パパだけワンコ達を連れて警察の人達と先に家に帰り、
三男と私と、連絡をした長男の中高の時の親友の1人とそのお母さん
そして母の時もお世話になった叔父も午前1時ぐらいまでいて下さった。
まだ時間が掛かると言われたので、その時に帰っていただいた。


この時残った三男も実はひと悶着あり、私がタクシーで病院に向かう時に
三男のスマホに電話をしたら、ちょうどバイトが終わったとこだと。
バイト先から病院は地下鉄で3駅なので、すぐに来られるから
すぐに来る様に言ったら、「俺今から友達と会うから」と拒否された。
タクシーの中だったけれど、思わず叫んだ。
「アンタはお兄ちゃんの命と友達との約束とどっちが大切なの!」と言ったら
渋々友達との約束をキャンセルしてくれた。
とにかく反抗期を一体何年やるの?というぐらいの反抗期中です。(今でも)


友引の関係で長男は家に2日いる事ができた。
ドライアイスで冷やされて、ずっとリビングの真ん中に寝かされた。
私は勿論何度も何度も撫でてはキスして
朝起きたら夢であったらいいのに・・・と願いながらも
あちこちに連絡しないといけないので、長男のスマホを使って連絡しまくり
丸2日間寝ずに連絡しまくった。
元々鬱病からの不眠症なので、起きている事が苦にならなかった。
寝ていない事にも気付かなかった。


前にも書いた様に、元姉とは縁を切っているので、
どこからどうバレるかわからないし、バレたらどうせ「ざまあみろ」と思われる。
だから信用できる親戚と元姉家族と繋がりがなさそうな親戚にしか伝えなかった。


長男は部活を通して人間関係に悩み、将来を悲観してこういう道を選んだという事が
パパが色々メモ書きとかを探し出してわかった。


・こんな状態になった以上、元に戻るのは病気の性質上難しい
 (こんな状態とは欝状態の事だと思います)
・日常生活を上手く送れない
・勉強もままならず、言われた事が全く頭に入らない
・このままじゃ国試受からない
・受かったとしても、どうせ人間関係うまくできない
・誰とも会話できない
・人が宇宙人に見える


これは遺書ではなく、メモ書きの方です。


長男は実は高機能自閉症として生まれ(アインシュタインもそうらしいです)
写真記憶もあり、頭は良かったんですが、人間関係が苦手でした。
でも中高ではいい仲間に部活で巡り合い、大人しい長男の事も受け入れてくれて
いつも試験後には皆でカラオケしたり、スポーツしたり、とても楽しく過ごせました。
彼らも同じく医学部狙いの子が多く、同じ大学を皆目指していましたが
センターを受けて、思ったほどの点数が取れなくて、志願変更をしてしまった子ばかりで
そのまま突き進んだのはうちの長男だけでした。
私は茨の道に行って欲しくなかったから、
「9割取れなかったから、1つランクを下げて受ける」と約束してもらいました。
それに6点足りなかったけれど、本人は「俺は2次力があるから突き進む!」
と言うので、私には止める事はできませんでした。
部活の仲間も同じ様な点数だったけれど、2次に自信がなく
1つランクを下げて受けて合格しました。
長男は宣言通り2次で挽回して合格しました。
でもあの時1つランクを下げて受けていたら、
中高の部活仲間1人と同じ大学だったのに。
1年後には救急に駆け付けてくれた親友もそこに入学していたのに・・・。


私は自分が鬱病で苦しかったから、あの時「ああ、私の子育て殆ど終わった」
と思ってしまいましたが、それが間違いでした。
長男は部活(医学部専用です)で色々経験しなくちゃという思いもあり
自分から志願して幹部の会計をやりましたが、
話題作りも上手じゃないし(そういう関係の本、いっぱい読んではメモしていました)
「超」が付くほどの真面目で、そういうとこが幹部の他の人達には
驚異に写り、鬱陶しかったのでしょうね。
5~6人の幹部だったと思いますが、うちの長男は無視されていきました。
だから1年間は辛くて大変だったと最後の方になって教えてくれました。


幹部(3年秋から1年間)が終わりホッとして、5年生になっても部活が好きだったから
5年生で1番練習に参加していました。
後輩との関係はとても良かったようです。


大学生なのに、5年生は病院実習があるから、たった1ヶ月しか夏休みがなく
その間に家庭教師はお休みだったので、単発のバイトを何回も入れたり
ボランティア活動に4回ぐらい出掛けて、繁華街を掃除したり
献血も趣味かと思えるぐらいにしていました。
真面目な子だったので、6年の3月に受ける国試の勉強も
夏休みが始まるや否や始めました。
家にいる時は勉強か、ちょっとした休憩か、部活(卓球)のサーブの練習か
色々家事ができない私の手伝いをしてくれていました。


そして9月1日に学校が始まり、実習が始まりました。
後期が始まったばかりなのに、その月の7日に死を選んでしまったんです。
どうも8月に人間関係で悩む事が起きた様でした。
部活で幹部に無視されて、将来の人間関係も悲観していましたから
あの虐めとも言える無視がなければ、こんな事は起こっていなかったと断言できます。
でも頭のいい集団はやる事が狡猾です。
水面下で行われており、幹部以外の人間は誰も知らなかった様です。
幹部のキャプテンは同じ中高でしたが、学校でも学力No.1で
多分大学の医学部でもそうだったのでしょうね。
だから誰も彼には何も言えず、既に学生にして派閥があった様なもんだったのでしょう。


大会の遠征も、私が「明日は何時の電車で行くの?」と聞いても
1日前なのに「まだ決まってない」といつも言っていました。
変だな?と思って聞くと、皆と一緒に行きたくないから
違う電車で行きたいと。
誰か1人でも、派閥の壁を破って、長男を誘ってくれていたら・・・。
私は今でも彼らの事が許せません!!



何度も私が死のうとしたのを止めてくれたのに・・・。

私自身5年ちょっと鬱病を抱えています。
それを話すと長くなりますが・・・。


6年前に母が末期の子宮癌になり、前々から延命治療は嫌だと
手術を拒否したけれど、癌細胞が崩れ落ちて大出血し
手術で全摘したものの、その後放射線治療などあり
母は自分が癌になった事がショックで、癌から来る鬱病になりました。


でもまずは癌の治療が先だと思い、36回の放射線治療を受けました。
何度もドタキャンし、その度に母の下の弟(叔父)が迎えに行き
病院まで連れて行って治療を受けさせてくれました。
とりあえず全部終わって、様子を見る時期でした。
でもその頃には既に鬱病にかかっており、
落ち着いたら心療内科に連れて行こうと思っていました。


私には姉がいましたが(今は縁を切っています)、母の事が嫌いで
近くに住んでいたのに、丸々4年間は新年にも会わず、連絡もせず
母の入院・手術で会わないといけなくなり、凄く嫌がっていました。
だから当然退院が決まると、「私は今までの生活に戻るから」と
毎日ママさんバレーとパートに明け暮れて、
私が母の様子をしょっちゅう見に行っていました。


9月に亡くなった長男が焼いてくれたケーキを持って
ホワイトデーに母のマンションに行った事もありました。
あんなにお洒落だった母が昼過ぎなのにまだパジャマのままでした。
髪はボサボサで、物も殆ど話さず、表情さえない。
ただ私に抱き付いて来て、「涙も出なくなったの」と言ってました。


私は鬱病の深刻さを痛感し、元姉に母の様子を見るにつけメールして知らせました。
でも元姉はその都度「わかった」「了解」の返事しかなかったのが辛かった。
母の鬱病の事も、「最近の医者は何でも鬱病って言う。構って欲しいだけ」
と全く取り合ってくれませんでした。


そして母は3回自殺未遂をし、5年半前の4回目には逝ってしまいました。
残された父はパーキンソン病があったので、母のお通夜の日に
私が手配して施設に入れる事にしました。
その手続き、保証人、役所の手続き、あれやこれや全部元姉に押し付けられました。


父が施設に入所し、最初の1ヶ月は施設にいるのに何度も父に呼び出され
呼び出されない日は役所などの手続きに奔走しました。


ハッキリ言って父の事は嫌いでした。
バブルの時代に自社ビルを建てて、バブルがはじけて億という借金があったらしい。
なのにたまたまうちのパパが転職を考えていた時期だったので、
借金の事を隠して「うちに来ないか?」と誘って会社の跡取りとして入れた。
そこで初めてその数億の借金を知って、身内までも騙す父が憎くなりました。
要は銀行が跡取りがいないとお金を貸してくれないから
パパが当て馬にされたという訳です。


でも母がこんな形で亡くなり、そんな父でも哀れに思えて、
結局色々父の為に尽くしました。
母の葬儀や死後の手続き、父の入所など、9割方私がやって来たのに
(昔から元姉には絶対服従だったから、やらされたと言った方が正解かも)
陰で姉に私の悪口を言っていた事が発覚しました。
嫌いな父にこんなに尽くしているのにと思うと、ショックからと
昔からの元姉への恐怖心から、最初はパニック障害になりました。


その後父の施設に行く度に、施設が近付くと動悸がする様になり
頭がボーッとして来て、認知症にでもなったのかと思いました。
ネットで同じ症状の人を調べて、自分が鬱病になったのだとわかりました。


長くなりましたが、母の自死、父の裏切り行為、元姉への恐怖心から
鬱病になり、地球の引力に負けそうになるぐらいで
よく夕飯を作っていても体が重くて、キッチンの床に寝転がっていました。


今のメインの症状は胸の圧迫感で、痛いぐらいの時もあります。
胸に力が入らないので、家事はかなりパパと長男が手伝ってくれていました。
なのに三男(現在大学2年)には「鬱病アピール」と酷い事を言われた事もあります。
心療内科の先生(今のとこは2つ目)には、2人とも
「男4人に女1人はキツイですね」と言われました。
でも長男は優しかった。1番優しかった!!
パパより理解があり、医者にも5~6回ついて来てくれました。


あまりに体がしんどくて、何度も死のうとしました。
その度に「俺が医者になるとこをちゃんと見て欲しいから生きていて!」と言われ
何度も止められました。
なのに私まだ医者になるとこ見てないじゃないの!!
見てないのに、何で私より先に逝っちゃうの?
話が違うじゃないの!!
それなら私も連れて行って欲しかったよ!!


私は長男に医者になってなんて言った事は1度もなかったけど
進学校だったので、周りは医者の息子だらけ。
だから中2の時にもう自分で○○大学医学部に行って医者になると決めていました。
私は「そんな茨の道に進まなくても・・・」といつも思っていました。


なのに何の相談もなく、いきなり死を選ぶって何でなの?
私が鬱病だから相談もできなかったの?
パパにも相談しなかったのは何故?


もう頭の中は「何故?何故?」しかなかった。
とりあえずその日は葬儀屋さんが病院に夜中2時半頃迎えに来てくれて
一旦家に連れて帰り、帰ったのは3時半頃でした。





魔の9月7日

その日は予定表に、大学の実習(医学部5年生でした)に行ってから
夕方5時から7時まで家庭教師のバイトをして、
8時に帰ると書いてありました。


8時になり、そろそろ帰って来るから夕飯食べさせようと思っていたら
息子のスマホから電話があり、「どうしたの?」と聞くと
息子とは違う男性の声。


「スマホを落として拾ってくれたのかな?」と思っていたら
「心肺停止です。すぐに病院に来て下さい!」と言われ
何が何だか意味不明で、何が起こっているのかも理解できず
ただただ大声で泣くしかできなかった。
私が泣くと、その声で家のワンコも鳴く。


パパに電話してもちっとも出ず、15分ぐらいしてやっとパパが
「何だった?」と連絡が来た。
パパの方が病院に近かったので、私もワンコ(2頭)はダメだと言われたけど
順番に見ればいいとパパに言われ、クレートに入れてタクシーで駆け付けた。


救急に行って見たのは、朝導眠剤でボーッとしていて
顔もしっかり見てなかった息子の血だらけの顔だった。
バイトが終わってから、そこの高層マンションから飛び降りたようだ。


息子がスマホの暗証番号を解除しておいてくれたので
その中の「自分用」を見たら、もう2日も前に連絡して欲しい人というのが書いてあった。
几帳面な息子らしく、その日に家庭教師をしたお宅、大学の学部の学生課、
単発でバイトをしていた派遣先の会社の3つだけ書いてあった。


昼間も5年以上鬱病で胸が苦しくてしんどい私を心配して
LINEで励ましてくれていて、いつも通りだったのに・・・。
1週間前まではいつも通りだったと思っていたけど
私が鬱病でしんどくて、気付いてあげられなかったんだね。


あと6日で私の誕生日で、いつも息子が家族の中で1番に「おめでとう」と言ってくれたのに・・・。
そしてあと19日で息子の23歳の誕生日だったのに・・・。
誰よりも優しい子が、何故ずっと鬱病で苦しんでいる私を置いて逝っちゃったの?
あと1年半で国試に合格すれば、念願の医者になれたのに
何で志半ばにして逝っちゃったの?