最愛の息子よ!ママの声聞こえる?

2011年6月に癌から来る鬱病で母を自死で亡くし、
2016年9月にあと19日で23歳になる長男を統合失調症による自死で突然亡くしました。
絶望の中で何とか這い上がろうとしています。
毎日少しずつでも前に進めたら・・・。
私自身、約7年間鬱病を患っています。

申し訳ありませんが、コメントは自死遺族の方、或いは関係者の方、
又は自死遺族の事をちゃんとご理解して下さる方のみでお願い致します。

英語育児していました。

息子は高機能自閉症で日本語が凄く遅くて
次男三男の方が理解していたぐらいでした。
たまたま友達に借りた英語のビデオに何故か凄くはまり
3人ともですが何度も見たがり、何度も見せていました。


そこで英語で話し掛けてみたら、英語だと反応があって
会話が成り立つ事がわかり、これは周波数が合っているんだと思い
息子が5歳直前から家の中は英語になりました。
勿論パパは英語はダメなので、子供達が通訳していました。
あの頃は早期英語教育も流行っていましたしね。


その結果、脳の言語野が刺激されたのか、日本語も出て来る様になりました。
英語が通じない相手もいるという事がわかり、
パパを含むそういう人達ともコミュニケーションを図りたいと思ったのかも
しれないですね。


息子の中学受験の勉強が始まるまで、ママとは英語、パパとは日本語
という生活が続いていました。
後に息子にはその事に気付いて英語育児をして来た事を
感謝されました。


もう懐かしい思い出になってしまいましたが。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。