最愛の息子よ!ママの声聞こえる?

2011年6月に癌から来る鬱病で母を自死で亡くし、
2016年9月にあと19日で23歳になる長男を統合失調症による自死で突然亡くしました。
絶望の中で何とか這い上がろうとしています。
毎日少しずつでも前に進めたら・・・。
私自身、約7年間鬱病を患っています。

申し訳ありませんが、コメントは自死遺族の方、或いは関係者の方、
又は自死遺族の事をちゃんとご理解して下さる方のみでお願い致します。

何度も私が死のうとしたのを止めてくれたのに・・・。

私自身5年ちょっと鬱病を抱えています。
それを話すと長くなりますが・・・。


6年前に母が末期の子宮癌になり、前々から延命治療は嫌だと
手術を拒否したけれど、癌細胞が崩れ落ちて大出血し
手術で全摘したものの、その後放射線治療などあり
母は自分が癌になった事がショックで、癌から来る鬱病になりました。


でもまずは癌の治療が先だと思い、36回の放射線治療を受けました。
何度もドタキャンし、その度に母の下の弟(叔父)が迎えに行き
病院まで連れて行って治療を受けさせてくれました。
とりあえず全部終わって、様子を見る時期でした。
でもその頃には既に鬱病にかかっており、
落ち着いたら心療内科に連れて行こうと思っていました。


私には姉がいましたが(今は縁を切っています)、母の事が嫌いで
近くに住んでいたのに、丸々4年間は新年にも会わず、連絡もせず
母の入院・手術で会わないといけなくなり、凄く嫌がっていました。
だから当然退院が決まると、「私は今までの生活に戻るから」と
毎日ママさんバレーとパートに明け暮れて、
私が母の様子をしょっちゅう見に行っていました。


9月に亡くなった長男が焼いてくれたケーキを持って
ホワイトデーに母のマンションに行った事もありました。
あんなにお洒落だった母が昼過ぎなのにまだパジャマのままでした。
髪はボサボサで、物も殆ど話さず、表情さえない。
ただ私に抱き付いて来て、「涙も出なくなったの」と言ってました。


私は鬱病の深刻さを痛感し、元姉に母の様子を見るにつけメールして知らせました。
でも元姉はその都度「わかった」「了解」の返事しかなかったのが辛かった。
母の鬱病の事も、「最近の医者は何でも鬱病って言う。構って欲しいだけ」
と全く取り合ってくれませんでした。


そして母は3回自殺未遂をし、5年半前の4回目には逝ってしまいました。
残された父はパーキンソン病があったので、母のお通夜の日に
私が手配して施設に入れる事にしました。
その手続き、保証人、役所の手続き、あれやこれや全部元姉に押し付けられました。


父が施設に入所し、最初の1ヶ月は施設にいるのに何度も父に呼び出され
呼び出されない日は役所などの手続きに奔走しました。


ハッキリ言って父の事は嫌いでした。
バブルの時代に自社ビルを建てて、バブルがはじけて億という借金があったらしい。
なのにたまたまうちのパパが転職を考えていた時期だったので、
借金の事を隠して「うちに来ないか?」と誘って会社の跡取りとして入れた。
そこで初めてその数億の借金を知って、身内までも騙す父が憎くなりました。
要は銀行が跡取りがいないとお金を貸してくれないから
パパが当て馬にされたという訳です。


でも母がこんな形で亡くなり、そんな父でも哀れに思えて、
結局色々父の為に尽くしました。
母の葬儀や死後の手続き、父の入所など、9割方私がやって来たのに
(昔から元姉には絶対服従だったから、やらされたと言った方が正解かも)
陰で姉に私の悪口を言っていた事が発覚しました。
嫌いな父にこんなに尽くしているのにと思うと、ショックからと
昔からの元姉への恐怖心から、最初はパニック障害になりました。


その後父の施設に行く度に、施設が近付くと動悸がする様になり
頭がボーッとして来て、認知症にでもなったのかと思いました。
ネットで同じ症状の人を調べて、自分が鬱病になったのだとわかりました。


長くなりましたが、母の自死、父の裏切り行為、元姉への恐怖心から
鬱病になり、地球の引力に負けそうになるぐらいで
よく夕飯を作っていても体が重くて、キッチンの床に寝転がっていました。


今のメインの症状は胸の圧迫感で、痛いぐらいの時もあります。
胸に力が入らないので、家事はかなりパパと長男が手伝ってくれていました。
なのに三男(現在大学2年)には「鬱病アピール」と酷い事を言われた事もあります。
心療内科の先生(今のとこは2つ目)には、2人とも
「男4人に女1人はキツイですね」と言われました。
でも長男は優しかった。1番優しかった!!
パパより理解があり、医者にも5~6回ついて来てくれました。


あまりに体がしんどくて、何度も死のうとしました。
その度に「俺が医者になるとこをちゃんと見て欲しいから生きていて!」と言われ
何度も止められました。
なのに私まだ医者になるとこ見てないじゃないの!!
見てないのに、何で私より先に逝っちゃうの?
話が違うじゃないの!!
それなら私も連れて行って欲しかったよ!!


私は長男に医者になってなんて言った事は1度もなかったけど
進学校だったので、周りは医者の息子だらけ。
だから中2の時にもう自分で○○大学医学部に行って医者になると決めていました。
私は「そんな茨の道に進まなくても・・・」といつも思っていました。


なのに何の相談もなく、いきなり死を選ぶって何でなの?
私が鬱病だから相談もできなかったの?
パパにも相談しなかったのは何故?


もう頭の中は「何故?何故?」しかなかった。
とりあえずその日は葬儀屋さんが病院に夜中2時半頃迎えに来てくれて
一旦家に連れて帰り、帰ったのは3時半頃でした。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。